消費者金融

低金利で借りる

消費者金融などの金銭賃借業者からキャッシングをすれば、元金の他に契約で決められた利息を支払わねばなりません。利息が高ければ高いほど支払いが困難になりますし、逆に利息が低いほど支払いが楽になります。

したがって、キャッシングをするならば可能な限り利息の低い金融業者を選ぶべきです。

しかし難しいもので、金利の低い業者ほど審査が厳しく設定されており、逆に審査が甘い金融会社は金利が高いのが一般的なのです。つまり多重債務者が新規借り入れをするならば、間違いなく上限金利一杯の利息設定を覚悟しなければならないということです。

なぜそのようなシステムになるかといいますと、借入件数が多い多重債務者は消費者金融側にとって最もリスクの高い顧客ということになりますので、高い金利を取らなければ元が取れません。

逆に借入件数の少ないサラリーマンなら信用も高いので、低金利で貸し出しても大丈夫ということになります。

もしも多重債務者でありながら、より金利の低い業者から借りたいと考えるならば、少しでも借入件数を減らして信用力を上げるより方法はありません。

借入件数が3件程度になれば、おまとめローンの審査に通る可能性が高くなりますので、債務を一本化すれば、債務の完済が見えてきます。

contents